という和といった区别

という指的是个体;といった一类事物、暗示除了といった前面列举出来的,还有其他的。

という是“所谓的”的意思,といった是列举等等的意思。

例:

生活者と御社商品サービスを結ぶ使命を果たすために、「市場トレンド」「マーケティング」「認知心理」「データ」「現場」という5つの要素を掛け合わせてリニューアル戦略を策定しております。

表示确定的个数和范围,就用という。

「~といった」の方が、「~という」よりも若干不確定な感じを受けます。

发表评论